予測符号化を模倣する深層生成学習モデル構築に向けた取り組み

概要

我々の脳は常に多くの情報を受けとっており、それらを効率的に処理する必要がある。その処理は、脳内の大脳皮質における予測符号化という機構が機能することで実現していると考えられている。本研究では、この仕組みを模倣した深層生成学習モデルをもとに新しいモデルの構築を行い、また双方のモデルに対して、画像刺激を受けている際の脳活動情報との相関関係を考察した。

日付
2020-11-23 — 2020-11-26
場所
オンライン

関連項目